メディオスターとYAGレーザーのヒゲ脱毛効果の違い

MENU
※当ブログの写真はプライバシーに配慮しつつ、スタッフさんの許可をとって撮影しているものです。

レーザーが破壊する組織が違う

男性のヒゲ脱毛に使われる機械の種類としては3つほどあるのですが、その中で最近注目を集めているのがメディオスターと呼ばれているこれまでのダイードレーザーの進化型とされているものがあります。

 

ここではメディオスターとYAGレーザーのヒゲ脱毛効果の違いを説明します。

 


まずメディオスターは上記にも述べたようにこれまでのダイードレーザーの進化型とされていて、ダイオードレーザーの1種となっています。

 

ヒゲ脱毛としての効果は毛を生やす命令を出すバルジ領域と呼ばれている部分の幹細胞を破壊すると言うものであり、このバルジ領域は毛根よりも皮膚の浅いところにある組織です。

 

なのでそこまで深層部まで熱エネルギーを与えなくてもいいということで比較的出力も少なめになっているので、
施術を受けている時に痛みや腫れなどの副作用が出にくくなっていると言うところが大きな特徴です。

 

痛みが強いと言う事で知られているヒゲ脱毛の痛みを緩和する効果が高いと言うところはもちろん、火傷防止ができるというところがメリットとなっています。

 


それに対してYAGレーザー(ヤグレーザー)は医療機関でのみ利用することができる脱毛機器で、
名前の通りレーザーを照射して毛根部分を焼き切ると言う効果を持っています。

 

そのため出力が高くなっていますし、毛根部分を直接除去することができるようになっているのでヒゲ脱毛としての効果も高くなっているという特徴があります。

 

 

特に男性のヒゲは他の部分と違って深い部分に毛根があるという特徴を持っているので、メディオスターなどでも届かない部分の深いヒゲに対してはYAGレーザーの方が有効です。

 

ほかにもYAGレーザーのヒゲ脱毛効果としての特徴としてのメリットだとされているのが、肌が黒かったり日焼けをしていても施術を受けることが出来るというところにあります。

 

そのため日焼けのためにメディオスターなどの施術ができないと言う場合でも利用できるため、幅広い人が施術の適応になりやすいのです。

 

 

このようなことからメディオスターとYAGレーザーのヒゲ脱毛効果の違いとしては、皮膚の浅い部分に効果を発揮するのか深い部分に効果を発揮するのかと言う点が挙げられています。

 

レーザーが破壊する組織が違うのです。

 

そのためそこまでヒゲが濃くなかったり薄い人の場合はメディオスターで対応することができますし、逆にヒゲが濃い人や太い人などの場合はYAGレーザーの方が脱毛効果が高くなっています。

 

ゴリラクリニックではメディオスターでも4年間無制限なのでじっくりヒゲ脱毛を考えているのならば
痛みの少ないメディオスター脱毛が楽で良いと思います。

 

どちらも永久脱毛は可能です。

料金プラン変更あり

>>ゴリラクリニック公式<<