メディオスターヒゲ脱毛では日焼けしていてもOK?ほくろは?

MENU
※当ブログの写真はプライバシーに配慮しつつ、スタッフさんの許可をとって撮影しているものです。

メディオスターヒゲ脱毛は色素には反応しない?

メディオスターヒゲ脱毛では

 

メラニン色素に反応するレーザーや光を使うような方法の場合、元々肌の色が濃い人は利用することができないケースもありましたが問題なく行えます。

 

 

メディオスターヒゲ脱毛は日焼けをした肌にも照射できます。

 

 

日焼けでもOkな理由は、レーザーの光がムダ毛の黒いメラニン色素に反応するという原理が使われていないためです。

 

一般的な医療レーザー脱毛の場合には日焼けは厳禁とされており、万が一日焼けをしてしまうと受けることができませんでしたが、この方法なら肌の色やムダ毛の色には左右されませんので安心して受けることができます。

 

夏場などはどんなに気をつけていても日焼けをしてしまうことがありますので、日焼けをしていても利用できるというのは嬉しいところです。

 

 

蓄熱式が採用されているメディオスターヒゲ脱毛なら、急激な熱による破壊を行いませんので肌への刺激も最低限ですし、火傷のリスクも大幅に軽減されます。

 

 

ほくろに対しては、照射自体は問題なく行えるのですが、その部分の色素が薄くなる可能性もありますので気をつけなければなりません。

 

色素が薄くなるのが嫌な場合には、その部分を避けて照射を行うのが一般的です。

 

ほくろは無くてもかまわないものですので、薄くなって困るという人は少ないはずです。

 

ですから、そのまま照射を行ってしまう人が多く、逆にほくろ部分の色素が薄くなることをメリットと感じる人も多いようです。

 

 

1つほくろで注意したいのは、盛り上がった肥厚タイプのほくろ(イボ)です。
この場合は医師のチェックが入るかと思います。

 

 

メディオスターは肌に優しくメリットの多い方法ですので、初めて施術を受けるという人でも安心です。

 

ニキビがある場合にも照射を受けることができますし、施術と施術の間が空いてしまっても効果は変わりませんので心配はいりません。

 

 

施術後の肌は比較的安定しているタイプですが、当日は温めると施術を受けた部分に赤みが現れることもありますのでシャワーのみにしておく必要がありますし、施術を受けている間に自己処理を行う場合には剃毛のみが可能となっています。

 

 

メディオスターヒゲ脱毛は最新の脱毛機器になります。

 

今までの医療脱毛と違って痛みが少ないので、痛みが心配で受けることができなかった人でも利用することが可能です。
また、脱毛回数が少なく済みますので、短い期間で終えたい人やターゲットとなる日が決まっている人にも向いています。

 

料金プラン変更あり

>>ゴリラクリニック公式<<