光脱毛とレーザー脱毛の違い

MENU
※当ブログの写真はプライバシーに配慮しつつ、スタッフさんの許可をとって撮影しているものです。

光脱毛とレーザー脱毛の違い

脱毛を始めたいと考えた時にまず考えておきたいのが、光脱毛を選ぶか、レーザー脱毛を選ぶかという事です。

 

そんな光脱毛とレーザー脱毛の違いを説明します。

 

光脱毛はその名前の通り、光を照射して行う施術で、医療機関でなくても施術が可能な為、医療機関ではない脱毛サロンやメンズエステで施術が行われています。

 

それに対して、レーザー脱毛に使う医療用レーザーというのは、医療機関でしか扱う事ができない為、美容外科や美容皮膚科等のクリニックで施術が行われています。

 

ただ、どちらの施術も、基本は同じで、大きな違いは出力と効果の差になります。

 

光による施術も、レーザーによる施術も、毛の中にあるメラニン色素に光やレーザーを吸収させ、毛根を発熱させる事によって、毛乳頭や毛母細胞を破壊していく方法です。

 

毛乳頭や毛母細胞が破壊されれば、その毛穴からは再び毛が生えてこない状態になります。

 

効果の高いレーザーの場合は、1回の施術で毛乳頭や毛母細胞を破壊できいますが、出力と効果の弱い光脱毛の場合は毛乳頭や毛母細胞に刺激を与える事ができても、1回の施術で毛が生えてこない状態にする事は難しくなります。

 

その為、光脱毛は効果の弱さを回数でカバーしていく事になります。

 

 

毛穴というのは全ての毛穴が常に活動をしている訳ではなく、成長期と退行期、休止期の3つのサイクルを繰り返しており、施術で効果があるのは成長期の毛穴のみとなります。

 

 

ですから、効果の高いレーザー脱毛であっても、1回の施術で効果を与える事ができる毛穴は全体の15%から20%程度となり、毛が生え揃うタイミングで6回から8回程度の施術を繰り返せば、ムダ毛が殆ど生えてこない状態へと変わっていきます。

 

 

光脱毛の場合は、すぐに毛が生えてこない状態に変える事ができない為、毛が生えてこない状態にする為には大体18回前後の施術が必要となります。

 

 

施術は一定の間隔をあけながら行う為、レーザー脱毛であれば1年から1年半程度、光脱毛であれば3年程度の期間が必要になります。

 

 

ただ、これは毛が完全に生えてこない状態にしたいと考えた場合で、薄く目立たなくすれば良い等、減らしたいだけであれば、これよりも少ない回数でも満足する状態になる事になります。
ですから、カウンセリングの際には、良く話し合って、最適な回数を選ぶようにする事がおすすめです。

 

 

この他、レーザー脱毛は痛みが強く施術の料金がやや高め、光脱毛は痛みが少なく施術の料金も安め等の違いがあります。

料金プラン変更あり

>>ゴリラクリニック公式<<